ストレスを溜めないように|病院で適切な治療を

心が疲れたらドクターケア

精神的な病気を治療する

PCを触る医師

ストレスを溜め込んでしまい病気になってしまう人が近年多くなってきており、最近では社会現象ともいわれてきているくらいです。仕事や学業などでストレスを感じて溜めてしまい、それを発散することができずに溜め込むと病気になってしまいます。適度に発散ができれば良いのですが、発散するよりも感じてしまう量の方が多いこともあるため、病気になりやすくなっています。サラリーマンだけでなく主婦もストレスを溜めやすいといわれています。家事や育児、ママ友同士の付き合いなど、ストレスを感じることが多いです。息抜きをするのも大事ですが、子どもや家庭のためなので1日でも休むことができません。しかし、少しだけ自分の時間をとることで、ストレスが解消されて活動しやすくなります。

ストレスは自分だけの問題だと思われがちですが、病気になってしまうと他人に迷惑をかけてしまいます。特に同居している家族に負担が大きくなり、酷い時には面倒を見てもらわなければならないこともあります。仕事を休んで面倒を見てもらうことにもなりかねません。そうなるとその人までストレスを抱えてしまい、お互い病気になる可能性もあり危険です。そのため、自分だけの問題と思わずに適切な治療を受けることが大切です。

うつ病などの神経症を発症した場合は、病院に行って治療してもらうと良いでしょう。精神科か心療内科のどちらかで治療をしてもらえます。精神的な症状であればどちらを受診しても大丈夫ですし、専門的な治療が必要になれば他の病院を紹介されたりもするため、安心して行くことができます。初診はカウンセリングをして症状の原因などを調べて、その結果から病名を教えてもらったりして治療方法を教えてもらえます。カウンセリングで自分の症状やストレスを溜めることとなった原因などを細かく話すことで、治療がうまくいきやすくなることもあります。このときに自分がやりたい治療方法があれば、話をしておくとよいでしょう。最近では薬による治療方法の他にも特殊な機械を使った方法もあり、昔より自由度が高くなっています。

病院で治療できます

聴診器を持つ先生

人間関係でストレスを溜め込んでしまうと病気になります。病気を発症するまえにストレスを治療することで、病気の発症を防げます。病院によって治療方法が変わるため、自分にあった病院を探すことが大切です。

もっと知ろう

薬を使わない治療法

頭を押さえるウーマン

精神安定剤などを服用してストレスの治療をするのが一般的でしたが、最近では磁気治療や光トポグラフィー検査などの、特別な機械を使った治療方法もあります。薬を服用しないので副作用がありません。

もっと知ろう

病院の探し方を知る

カウンセリング

病院に行くことでストレスに関係する病気を治すことができますが、1回の受診だけでは治すことができないため、通院することを考慮してなるべく近くの病院を選ぶと良いでしょう。

もっと知ろう

治療にかかる費用について

男性医師

病院によって治療費が大きく異なります。最近では初診料が発生しない病院もあり、お得な料金で治療できることもあります。自立支援医療制度を活用することで、自己負担額を大幅に軽減できます。

もっと知ろう

信用できる医師の選び方

病院

医師の選び方を間違えてしまうと、的確な治療方法で治療をしてくれないことがあり、病気が治るのが遅くなってしまいます。ストレスが原因で発症する病気はカウンセリングが重要になります。

もっと知ろう