ストレスを溜めないように|病院で適切な治療を

笑顔のナース

治療にかかる費用について

男性医師

ストレスの治療方法によって治療費が変わります。薬やカウンセリングなどの治療方法は比較的安い金額で利用できます。逆に特別な技術や治療器具を用いたり機材を使ったりするときは、高額になることも予想されます。また、保険が適用されるのであれば安い金額になりますし、そうでない場合は高額になります。事前に保険が適用されるのかを確認しておくと後々慌てることもないでしょう。最近は初診料が発生しない病院が多いです。ストレスが原因で発症する病気は原因がさまざまで特定することが困難なため、初診でカウンセリングなどを長い時間をかけてから判断します。初診で病気の改善点や治療方法などを大まかに決めて、次回から治療を本格的に進める病院が多いです。初診料が無料なので相談したいことや聞きたいことがあれば、そのときに全部しておくと良いでしょう。後から聞いたり相談したりすると、カウンセリングの料金が発生してしまいます。うまく話すことができない人であれば家族や友人など誰かを連れてくることで、カウンセリングの時間を無駄に使うことがなく、医師に詳しい症状を伝えれます。普段一緒に生活している人を連れてくると、より詳しい内容を伝えることができ、治療がスムーズに進むことでしょう。初診の時点で光トポグラフィー検査が必要になった場合は、診断書の発行が必要になります。発行には所定の料金が発生するので、初診でも光トポグラフィー検査の手続きをするときは無料にならないので注意が必要です。

ストレスが原因でうつ病になったら、病院に通って治療しなければなりませんが、治療費が高額になるため病院に通えない人もいます。保険が適用されると医療費の支払いが3割になりますが、ストレスが原因で発症したうつ病の治療はいつまで続くのかわからないので、数年後には治療費が払えなくなってしまうこともあります。しかし、自立支援医療制度という制度を活用することで負担する治療費が1割になります。また、薬局で薬を購入する場合でも支払う金額も安くなります。支払う金額が減ることによって生活の負担が減り、将来への不安なども軽減することができ、治療に専念できます。